• Mysterious Entrepreneur Group

コピーライティングのコツ(21選)


コピーライティングとは、簡単に言えば「宣伝文を書く技術」のことだ。


コピーライティングのコツを、あなたはいくつ知っているだろうか?


コツを多く知れば知るほど、ビジネスで有利になる。もちろん、知るだけでなく実際に使いこなすことが必要だが、使いこなすためには知識が必要だ。


3ヶ月~半年の短期間で成功する起業家は、コピーライティングのコツを多く知り、自由自在に使いこなしている。全員がそうだとは言わないが、短期間で成功する起業家の多くが“コピーライティングの達人”なのだ。


以下、優秀な起業家4名がコピーライティングのコツをそれぞれ20個以上示してくれている。ぜひ参考にしていただきたい。




◆報告(1)



コピーライティングのコツ


・小学生でもわかるような文章にする


・読者が『自分にメリットがある』と明確に感じるような表現をする


・いいものを早く出す


・文章に品がある


・どこにもないような、見たことがないものにする


・複眼的思考を取り入れて文章をチェックする


・読むだけで得する文章(使える文章)にする


・数字を上手く使う(全角や漢数字など)


・読者を不快にさせない


・読んでいて心が踊る部分をつくる


・尖っている部分をつくる


・数字や状況や両極言語の利用などで『幅』をつくる


・「たくさん書く→削る」のプロセスで短く凝縮していく


・読者が『これなら自分でもできるかも』と思う内容を書く


・本物の感情をこめて書く


・読み手が気づかないように1という数字を含ませる


・「視覚優位タイプ」「聴覚優位タイプ」「感覚優位タイプ」に伝わるような言葉(擬音語や情景)を使う


・同じ表現を重ね、強調する


・強調したいことを箇条書きにする


・読者に『無駄なストレス』を感じさせないように徹底する


・読み手の感情を突き動かす文章を書く



21個書き出しました。


こうやって改めて見返してみますと


知っているけれど実践できていないことが多いですし


意識して使用しないとコツは活かせない。



最初は意識して書く⇒無意識にコツを使っている


という状況になれるようにします。



こう書きだすと難しく感じるのですが


コピーライティングのコツを簡潔にすると


相手に自分の思いを届ける『ラブレター』だと思います。


ラブレターには本物の気持ち(愛)がこもっていて


自分の気持ちを相手に分かるように伝えようとして


誰が読んでも伝わる表現にしようと心がけて


相手に思いが刺さるように!と思って書いて


強調したい部分をどう強調しようと悩んで


何度も何度も見直して書き直して無駄な部分は削って


読んだ相手がストレスを感じないように


自分勝手な表現や書き方には気をつけて


オンリーワンなラブレターにしよう!


と意識すると思います。



コピーライティングにも


この思いがまず根底にあって


そこから意識して他のコツをプラスしていく。


この繰り返しなんですね。


コピーライティングのコツを無意識に使用できるよう


書く量を増やして読者へのお客様へのラブレターに


もっと気持ちを込めて書いていきます。


ありがとうございます。



以上になります。



お読みいただき


ありがとうございます。




執筆者:たまりひとし

https://naturalholiday.jp/simplelife/





◆報告(2)



コピーライティングのコツ



・ターゲットを明確にする【ペルソナ】

・価値を明確に伝える

・受けてに特になる事を伝える

・新しい情報を伝える

・PREP法を活用する

・無料という言葉を強調する

・有名人で権威付を行う

・ユーザボイスを入れる

・簡単で見やすい言葉を使う

・読みてに行動を促す

・具体的なデータをいれる

・キャッチコピーを入れる

・小見出しを入れる

・好奇心を刺激しつづける文書を心がける

・簡潔に記載する様に心がける

・数字を導入する

・バーナム効果を取り入れる

・アンカリング効果を取り入れる

・バンドワゴン効果を取り入れる

・フレーミング効果を取り入れる

・スナップ効果を取り入れる

・ウィンザー効果を取り入れる

・カクテルパーティー効果を取り入れる

・カリギュラ効果を取り入れる

・ツァイガルニク効果を取り入れる

・損失回避の法則を取り入れる

・シャルパンティエ効果を取り入れる

・権威への服従原理を取り入れる


合計:27


正直、自分で思い浮かんだのは1ー2程度で、サイトを見て勉強させていただきましたが、こんなにたくさんの工夫するべきポイントが分かって本当に良かったです。


自分でコピーライティングする際に情報が整理されていて直ぐに調べながら実施出来ると思いました。


気付きを頂きありがとうございます!



□参考文献

https://liskul.com/copywriting-2503

https://adell-media.com/copywriting-tips/

https://こぴたつ.com/35effect


以上です。 お読み頂きありがとうございました。





執筆者:達

https://mobile.twitter.com/19880601t2







◆報告(3)



コピーライティングのコツ



1.ネガティブな情報とポジティブな情報を共存させる

2.「無料」と「最強」など、両極の言語を利用する

3.子供の成長を想像させることで、読者の愛情を引き出す

4.文字の字数を揃えることで均衡が生まれ、安心感を生む

5.文字の字数を揃えないことで不均衡が生まれ、人が群がる

6.体感覚優位の人の心をつかむため、触覚や嗅覚に訴える言葉を入れる

7.ワクワクさせる流れを作る

8.リアルな声を入れることで、文章の価値を高める

9.リアルなデータを入れることで、文章の価値を高める

10.「根本」→「枝葉」→「根本」で文章を構成することで、あり得ないほど「根本」を強調させる

11.ラクにできる、0から始めることができることを示して、忙しい人に訴求する

12.「ぬくもり」「勢い」「優しさ」「思いやり」「ユーモア」などを込めて、利他的な気持ちで文章を書く

13.新世界を描くことで、購入のスイッチを入れる

14.人間という存在を深く理解し、「どんな言葉がどのような人の心に作用するか」をよく知る

15.誰が読んでもわかりやすい文章にする

16.なるべく最初の方で「誰もが興味のあるテーマ」に絡めて書く

17.「ターゲットがどのレベルの内容で感動するか」を知っておく

18.「たくさん書く→削る」のプロセスを重視する

19.「客になることのメリット」を書く

20.「健全な」欲望を刺激してあげて、その文章を読む人がより良い人生を歩めるように導く

21.冒頭の文章を短くする



ご指導いただいたレアコピーライティングとシンパシーライティングの一部を振り返りました。


意識できている部分と意識できていない部分があること、また区切りや言い回し、てにをは(副詞)や言葉の選び方など、自分の文章と相違していることに気がつきました。



コピーライティング技術を駆使して、人を集める文章にしていきます。



お読みいただきありがとうございました。





◆報告(4)



コピーライティングのコツ



1.タイトルに読み手が興味をひきつけるキーワードを含める


2.読んだら続きが読みたくなる文章を書く


3.読んでいてワクワクするような文章を書く


4.読者のニーズに合わせて書く内容を自在に変える


5.いろいろな人が読むことを想定して書く


6.1字1字にこだわる


7.書き終えてから自分が読み手になりきって推敲する


8.一度読んだら、読み手がいてもたってもいられなくなるような文章を書く


9.自らの人格を磨く

→書く文書にその人の人間性が現れるから



ここまで自由に書き出してみました。



これからはメンターに教えていただいたメルマガを読み返したものを書き出します。


10. 広告の文章に嘘がないかこまめにチェックする


11.同業者のお客様が抱えている潜在的な不満を探し、消費者目線で語る広告を打つ


12.読み手をコントロールしようとしない


13.いいもの=価値の高い情報を先に書く


14.宣伝文は、読んで得する文章を書く


15.一瞬で頭に入るタイトルにする


16.一般の人の認識を反転して書く


17.続きを読まずに入られなくなるタイトルをつける


18.”たった1つ”などの1という数字を多くつかう


19.文章の所々を太字にし、太字を読むだけで、ホームページの全体の要点がつかめるようにする


20.読者の気持ちがラクになるような文章を書く


21.商品やサービスのデメリットを必ず含める



すぐに思い出せないぐらい曖昧なテクニックを


自分は使いこなせているのか?

それでマスターと言えるのか?


という点もご指摘いただいたと思います。


教わったコツをすぐに使うために日々の鍛錬が必要なのかもしれません。


またコピーライティングのコツを使いながら、日々の報告を書くことも実践していきます。



以上です。

お読みいただきありがとうございます。




執筆者:RI

https://twitter.com/USenglishnative