• Mysterious Entrepreneur Group

業界ナンバーワンになるために(初歩)

最終更新: 11月12日


誰もが驚くほどの高所得を得るレベルの成功者になりたいなら、業界ナンバーワンを目指したほうがいい。業界ナンバーワンになりたいなら、自分(自社)の商品サービスを同業者のプロが見ても驚嘆するレベルにする必要がある。


そこで問題となるのが、同業者のプロが見ても驚嘆する商品サービスはどんなものか?だ。


それについて、信頼するメンバーが鋭い考察をメールで報告してくれた。以下、メンバーからの報告を掲載する。




◆メンバーの報告(1)



同業者のプロ(=その分野の専門性が高い人)が見ても驚嘆するか、という視点で考えていたかと考えると、自分はまだまだ甘いと感じました。


見かけだけが良い商品サービスは、最初は売れても売れ続けることは難しく、同業者のプロが見ても驚嘆するほどのクオリティや、優れた仕組みが強みを生むのだと思います。




《同業者のプロが見ても驚嘆する商品サービスはどんなものか?》



・業界で当然とされていることや習慣をうまく打破し、売り手にも消費者にもメリットがある

・消費者が不便だけどこういうものだ、と諦めていた部分をカバーしている

・同業他社が気付いていなかった商品サービスの使い方を提案している

・一人勝ちして恨みを買うことのない仕組みを作っている

・徹底的に使用者のことを考えてつくられている

・同業者のプロから見ても、どうなっているのかわからないほどの優れた仕組みとなっている



小手先の技を使ったものや、未熟な商品サービスではなく、誰もをうならせる商品サービスを考えていきます。



お読みいただきありがとうございました。





◆メンバーの報告(2)




現在の自社のサービスは同業者のプロが見たときに


驚嘆するものにはなっていないと思います。



逆に、同業者のサービスを見たときに


自分が驚嘆するものに、まだ出会ったことがありません。



これは、ある意味チャンスではないか?と思いました。



この状況を変化させて


同業者のプロが見たときに驚嘆するものにできれば


自社が圧倒的な存在になれると感じます。



来店するお客様に同業者のサービスを利用している方もおられますので


その方に色々と聞いておりますが


自社と比べて優れているところは積極的にマネしていく。



逆に自社が優れているところは、さらにクオリティを上げていく。



それとともに、同業者が行っていないことを


アイデアを出して実行していきます。


※オンリーワンを目指す!



自分や自分のビジネスを振り返るときに


同業者のプロになって省みることはとても大切ですね。


自分のビジネスを甘えなしに厳しく見ることができる。



厳しく見るからこそ改善点が発見でき次の成長につながる。



新たな思考法を教えて頂き


ありがとうございます。



以上になります。




お読みいただき


ありがとうございます。



執筆者:たまりひとし( https://naturalholiday.jp/simplelife/




© 2020 AddProfit

  • Black Twitter Icon